猛威を振るうコロナウィルスの中で依存症と向き合いながら神戸ダルクでは、それでも依存症からの回復を一番に優先し、かつ健康に命を守りながら、1年近く続くコロナ禍で生活してきました。
本来ならば、開設5周年のフォーラムを行う予定でいましたが、中止になり、そんな中で私たちの回復のメッセージを、まだ苦しむ仲間にメッセージとして届けられるように、一冊の冊子が出来上がりました。19名のストーリーが書かれています。これから刑務所や病院などへ届けていきます。
この冊子は、ファイザー助成様によって作成されています。
冊子をご希望の方は、神戸ダルクまでご連絡ください。